初めてのコンタックODの話

 

先日、コンタックを初ODしたので記録しておきます◎

 

 

 

メンヘラを名乗っていながらも、ブロンと処方薬しか ODしたことがなく

 

もしかして、私ってメンヘラコンテンツとしても需要ないのでは?

 

と思い、新しいクスリに挑戦しようと決意しました!!!!

 

宣誓ー!!!!

 

 

 

 

 

 

といっても市販薬が多すぎて何を買えばいいのか分からずTwitterに助けを求めました。

 

SNSを開けば仲間がいる

 

素晴らしい時代ですね

 

 

 

 

 

 

 

Twitterで情報収集した結果

 

DXM(デキストロメトルファン

 

がすごいらしい。

 

 

 

 

 

色々調べてみるとどうやら幻覚が見える模様。

 

 

「DXMで宇宙旅行してきた!!」

という人がたくさんいた。

 

 

 

 

 

 

う、宇宙旅行…!?

 

 

 

 

 

 

これは試すしかないと、薬局でコンタックstを買いました。

 

 

 

市販でDXMを得るにはこれが一番らしい。

 

 

 

コンタックst

咳や痰を治す風邪薬

12tで1600円程度

 

 

 

一回1600円と考えるとなかなかコスパが悪いですが、耐性がめちゃくちゃつきやすく頻繁にやるようなクスリでもないので問題ない。

 

 

 

 

まず昼の12時くらいに6t飲みました。

 

カプセルのまま飲むと効くまで4時間近くかかるらしいのでカプセルから粒をだして砕いて飲むといいみたいです。

 

 

カプセルから出していざ粒を噛み砕く…

 

まって、信じられないほど苦い。

 

カプセルの偉大さを痛感しました。まじで苦い。

 

 

結果、砕かずそのまま飲みました。

(よく考えれば飲む前にすり鉢とかで砕いて飲めばよかった)

 

 

後はお布団で効くのをゴロゴロ待つ

 

 

が、いっこうに変化がない。

 

 

 

コンタックははじめてなものの普段からODばかりしてる私の体は思っていたよりクスリに強くなっているのかもしれない。

 

 

 

しかしなんとしてでも宇宙旅行に行きたい私は残りの6tをお酒で流し込んだ。

 

 

 

 

ぜってえ宇宙旅行にいくんだ

 

その思いでひたすらクスリが効くのを待ちました。

 

 

 

クスリを飲んでから約4時間後、ベットから降りようとすると、とてつもなく体が軽い。

 

 

無重力のような、不思議な感じ…

 

 

 

ソファーに飛び込んだりしてしばらく遊んでました。

 

 

そのときソファーから落ちたのですが体が軽すぎて全く痛くない。

 

なにしても痛くない。痛覚が鈍くなっている。だから恐怖心もない。

 

 

自殺するときはDXMでトリップしてから死のうと思いました^_^

 

 

 

 

 

 

肝心の宇宙旅行ですが、結論からいうと

 

宇宙旅行へは行けませんでした。

ずっとベッドの上で寝たきりなのが現実です。

 

 

 

しかし、目をつぶって妄想しているとまるで現実のようなリアルさがありました。

 

 

芸能人とセックスする夢を見て、次の日テレビで見るとなんか本当にセックスした気がして恥ずかしくなるあの感じ(?)

 

 

 多分感覚を掴めば、宇宙旅行にも行けるのではと思いました。

 

 

耐性がつかない程度にまた試していきたいと思います。

 

 

次回、鬱々は宇宙旅行へ行けるのか…!

 

 

乞うご期待。

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

母の日とメンヘラができるまで。

 

おはようございます。母の日です。

 

 

今年は印鑑ケースが欲しいと言っていたので明日にでも買いにいってあげようと思っています。

 

 

まぁニートなのでお母さんからもらったお小遣いから買うんですけど!!!

 

 

私とお母さんはそれなりにいい関係を築けてると思います。

 

 

この年になってもまだ二人で遊園地に行ったりだとか花見に行ったりだとか。

 

 

 

お母さんは私のことを大好きなので、私に彼氏ができたりをあまり良く思ってなくてよく彼氏をお説教していじめたり毒親気質なところがあったりします。

 

 

一時期はそれをうざく感じたこともありましたけど今ではそれだけ大切にしてくれてるんだな、と思うようになりました。

 

 

なかなか不器用な親子ですが楽しく暮らしてます。

 

 

 

 

おっと?今回のブログはほっこりいくのか???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうはいきません🐰(?)

 

 

 

何事にも原因や理由があるわけで

 

私がメンヘラになったのも原因や理由があるはず。

 

 

今さら誰かのせいにしようとは思いませんが、きっかけとなったのは子供の頃の家族関係かなぁと思ってます。

 

 

 

ここから私のクッソしょうもない生い立ちを語るので眠れない夜とかに読んでください、クッソつまらんくて眠くなります。

 

 

 

 

_________________________________________

 

 

 

1999年、ノストラダムスの大予言とともにとても鬱々メンヘラちゃん生誕。

 

 

 

少し体は弱かったものの両親と、母方の祖父母の実家の二世帯住居ですくすく育ちました

 

 

私の父は前嫁との間に子供がいるのでそうでもないですが、母方の家系には初めての子供だったので母も祖父母も私のことをすっごく可愛がってくれていました。

 

 

 

こうみえて子供の頃はメチャクチャ可愛くて子役をやっていました。


f:id:m11231123m1123:20170514152838j:image

 

 

ヒエッ…かわゆい…

 

これは甘やかしてしまいますね、その結果こんなクズが出来上がりますよ^_^

 

 

 

さらっと触れましたが私の父親、なかなかのクソでバツ4とかで今また違う人と結婚してます。

 

 

50にもなっていまだにバンドを本職にしていて

 夢を捨てきれないおっさんが父親なのがダサくて恥ずかしくて嫌いです。

 

 

この父親、借金して横領して他に女作って逃げました。私が小学校に入学した直後でした。

 

元々出張ばかりで家にほとんど帰ってきていなかったし6歳でよくわかっていなかったから「パパもう帰ってこないの」と言われてもあまり悲しくなかったのを覚えてます。

 

それよりも悲しんでるお母さんを見るほうが苦しかったなぁ。

 

 

そんなこんなで母親との二人暮らしがはじまりました。

 

私はお母さんが大好きで大好きで離れられなかったです。

 

なによりもお母さんが支えでお母さんも私を愛してくれてると思って二人で生きていくんだ、と思ってました。

 

 

 

 

思ってたのにある日それが崩れるんですね

 

 

お母さんに彼氏が出来たんです、小学5年生の頃でした。

 

約5年間お母さんと二人で暮らしてきた私からしたら大問題で

え!?!?ちょ!?!?え!?!?ママ!?!?わたしっ…えっ…!?!?

 という感じで。

 

 

 

いやいやここにきて彼氏!?今!?

というかんじで。

 

 

でも子供なりにお母さんの幸せを邪魔しちゃいけないって思って、不満は言えなかった。

 

もっと私にかまってほしいなんて言えなかったんですよ。

 

 

 

でも正直お母さんと同い年(当時42歳)のおっさんになつけ!と言われてもかなり厳しい、普通にシンプルに気持ちわるいという気持ち…

 

 

ましてや思春期真っ盛りの小学校高学年の私には苦痛で仕方がなくて

 

母と出かけたくてもそのおっさんがついてくるので自然と母親と出かけることもなくなりました。

 

 

休日は私だけ家で留守番だったし夜は3時くらいまで彼氏の家に行ってるから晩御飯も一人で食べたし一人でお風呂に入って一人で寝てたし。

 

 

 

 

高学年とはいえめちゃくちゃ寂しいんですよ、寂しいし私を置いて男と会ってる女の母親が気持ち悪くて気持ち悪くてお母さんも嫌いでした。

 

 

 

そこで寂しい生活を紛らわすためにSNSをはじめました。中1くらいです。

 

そこでネットの彼氏を作りました

 

毎日電話して愛してるよってメールして中1の私はそれで寂しさを埋めてたんですね。

 

母親にバレて携帯逆パカされて終わりましたけど。

 

終わりというのはあっけないです。

 

この頃からボールペンで手をぶっ指して自傷してました。

 

 

でも中学で友達ができはじめて学校が楽しくなってきて、ネットなんかなくても楽しいわ!友達と遊んだり部活したり楽しいわ!!と超ド健全JCを取り戻した矢先

 

 

「家族喧嘩したし結婚するから福岡(彼氏の地元)行くわ^_^」

 

 

こうして楽しいJCライフも終わりました。

 

 

終わりというのはあっけないです。

 

 

祖父の遺産を巡った家族喧嘩、彼氏との結婚を理由に福岡に強制送還されます。

 

 

 

初めて訪れる地で0からのスタート

 

 

 

「なんしようと?今日バリ暑いっちゃんw」

 

 

この人達なに言ってるんだろう…?ていうか外暑ゥ!!

 

 

人柄も方言も土地柄も気候もなにもかも違いすぎて

 

JCライフを取り戻すことはできませんでした。

 

一人だけ私にすごくよくしてくれる友達がいてなんとか学校生活はやっていけましたが

 

 

家に帰ると地獄のはじまり。

 

 

気持ち悪いおっさんがお出迎えしてくれるワンダーランド(死)

 

 

 

 

お風呂なんて死活問題でした

 

 

後に入ればおっさんの浸かったお湯に浸からなければならない

 

先に入れば私の浸かったお湯におっさんが後から浸かる

 

 

 

 

哲学。

 

 

 

 

結果私は2年近く湯船に浸からずシャワーで済ませました。

 

 

 

できるだけおっさんと顔を合わせないため、夕食と風呂以外は自室にこもりました。

 

 

 

自室でなにをするか

 

 

インターネットですね。

 

 

恐ろしき黒歴史ですが中学生の半分以上は部屋にこもってニコニコ生放送を見てすごしました。

 

そこで趣味程度に放送していたフリーター(23歳)と出会い、幼き私は恋しました。

 

好きだったから会いに来てもらってオフパコしました。中学3年生、私の初体験です。

 

 

夢も希望もねえなまじで。

 

 

 

もちろん1ヶ月くらいでフラれるんですけどね。

 

 

初恋に盛大に敗れたのに加えて、お母さんが彼氏とうまくいかなくなり地元に帰ると宣告。

 

 

 

 

おいおいおい勘弁してくれ?こちとらようやく博多弁喋れるようになったんやぞ???

 

 

 

 

私はここですべてがイヤになり剃刀を握りしめ手首に降りおろしました。

 

 

 

__________________________________________

 

結局このあと地元に帰り現在に至るわけですが

 

 思春期に過ごせなかった時間を埋めるように現在は二人で出かけたり楽しく暮らしてます。

 

 

 

 

もしもあのときお父さんがでていかなかったら

もしもあのときお母さんに彼氏ができていなかったら

もしもあのときネットにはまらなければ

 

 

キラキラパリピJK になって今頃スタバでTwitterをしているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタバなう(爆笑)

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

メンヘラの普及

 

 

色々考えてなにか分からない漠然とした不安に襲われて眠れなくなる夜、メンヘラあるあるですね、みなさん今頃うんうんと頷いているのではないでしょうか

 

ちなみに私は先日、家にあったロヒプノールを半錠飲んだだけで記憶が吹っ飛び 起きるとラインの履歴に数件の通話履歴が残っていました

 

記憶にないのが怖すぎるのでもうロヒは飲みません、大人しく処方されたレンドルミンを飲みます

 

 

 

話が飛びましたが

 

そんな眠れぬ夜にふと考えていたのです

最近メンヘラを受け入れられることが多いな、と

 

 

なんだかんだで新しい出会いが日々続く中

 

最初は相手のことをお互い分からない状態からのスタート、つまり己がメンヘラであることも全く知られていない状態からのスタートになるわけで

 

割とメンヘラ同士は「絶対こいつメンヘラやわ~wわかるやでww」とお互いに察せたりするのですが

 

健常な人にはなかなかメンヘラを悟られないことが多いのです(相当地雷臭がする場合を除く)

 

 

ましてやメンヘラ歴が長いほど上手く社会に溶け込めたりするので普段明るく元気な可愛いあの子もお家では薬ガバガバ飲んで手首切ってたりするものですよ

 

めちゃめちゃメンヘラアピするメンヘラばかりが目につくからメンヘラは害悪!!と思われがちですが良心的なメンヘラは隠れてメンヘラをしているのです

 

 

カメレオンのように健常なように振る舞い溶け込むのです、まぁ結局根は害悪なのであまり関わりたくはないですね

 

 

そんなこんなでメンヘラであることを見抜かれることは中々ないですが一発で察される場合があります

 

 

 

 

リスカ

 

 

 

こればっかりは仕方がないですよねもう、どうしろっていうの

 

 

隠せもしないし言い逃れも厳しい、見られた瞬間にメンヘラを悟られ距離を置かれる覚悟をしておくべき

 

 

 

 

 

 

 

なのですが、最近は世間のリスカやメンヘラへの耐性がついてそこまで驚く事案でもなくなってきました

 

 

 

私自身、何度かリスカ跡を不覚にも見られてしまい

 

クッソ~!!!バレたか~!!!お前ともこれまでか!!アバヨ!!!

 

と別れを覚悟しても

「大丈夫?だめでしょ~辛かったね」

などと優しくされて拍子抜けすることが多々あります

 

 

完全に時代がメンヘラに追い付いてきていますね

 

 

うつ病精神疾患というとめちゃめちゃヤバそうな空気を感じますけど「メンヘラ」の一言で片付けてしまえば、なんだか可愛らしい雰囲気でヤバみをそこまで感じません。

 

 

メンヘラという言葉が世の中にかなり浸透し、普及している。

 

 

これはメンヘラとしては生きやすくも生きづらくもあるんですね

 

 

ただのネガティブな人がメンヘラの一言でコンテンツとして楽しくTwitterをしたりブログを書いたりできる

 

まぁ私の話なんですけど

 

 

 

 

しかしメンヘラが親しみやすく世間に近い存在になってしまったがために、軽々しくメンヘラを名乗り出るものも出てくるわけで

 

 

前にリア垢でパリピが

「いや私メンヘラ診断98%だった(笑)まじで彼氏くんの髪の毛送って欲しい💞まじメンヘラだわ(笑)(笑)」

とツイートしてるのを見て震えました。

 

 

そいつクッソ綺麗な手首と臓器してるんすよね、臓器は知らないけど

 

精神科から診断書をもらって精神安定剤を掻き込みながら手首切りながら必死に生きてるメンヘラもいれば

 

たかがネットのメンヘラ診断(笑)で高得点出してメンヘラを名乗り出るものもいるわけで

 

 

ていうか絶対メンヘラ診断のチェックとかより病んでそうなほうに意図的にチェックつけてないですか??そんなことないです??

 

ていうかお前毎日クラブ行ってクソパリピじゃん??えっ…??

 

 

 

 

 

 

 

 

体を張ってメンヘラしている人達がいつか報われますように、パリピは死ね

 

 

 

アーメン

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

 

うぇいはいつだって自分のために他人をぶっ殺す、罪悪感もなしに

 

GWですね、このチラ裏クソブログだれか見てるんですかね

 

 

友達、恋人がいないことで有名なメンヘラですけどなんだかんだでぼっちGWをエンジョイしてます

 

 

火曜日から休みだったのですが火曜日は寝てTwitterシュポシュポして寝てシュポシュポしてを繰り返していたら1日が終わっていました。

 

 

そんな1日の終わりに「これじゃだめだ…」と思い直し、唐突に

髪を染めよう(^o^)

と思いました。

 

メンヘラ、同じであることが怖くコロコロと自分を変えたくなります。

(髪色であったりだとかピアス空けてみたりだとか服装もコロコロ変わる)

 

 

全部見た目だけじゃねえかよブス!!!

まずそのクソみてーな性格を変えろよ!!

 

と言いたい気持ちは重々承知ですが勘弁してください…頭が悪いんです…

 

そんなこんなで無事売れないバンドマン風の髪色になりました。本当は青にしたかったのですがそれは次の機会に。

 

 

 before


f:id:m11231123m1123:20170504192648j:image

 

 

after


f:id:m11231123m1123:20170504194048j:image

 

 

 

そして今日はお花見に行ってきました。

 

お花見ってリア充やないか!!なーにが鬱々メンヘラじゃ!!充実しとるやないかい!!!!引きこもってろ!!

と思ったそこのあなた(?)

 

お母さんと二人でお花見してきました(^o^)

 

大勢のうぇいに囲まれながら土と虫と煙に包まれながら食べるつまみと酒、最高に不味い!

 

 

まぁなんだかんだでお母さんと楽しく晩酌しているなか

隣で花見してたWデート中のカップルのところに蜂が飛んできて案の定、意識高い系うぇい女が「キャー(>_<)」とか言うじゃないですか

 

ここまでは想定内なんですけど、そこで一人の男が靴を持ち出してバッコーーーーン!!!!って蜂さんをぶっ殺したんですよ。

 

その蜂さん元々弱っててただトコトコ歩いてただけなのに、バカ女がキャーキャー騒いでその女にいいところを見せたいがためにクソ男がぶっ殺したんですよ。

 

うぇい男が女に見せ場作るためにぶっ殺されたんですよ、蜂さん。

 

元はといえば花見とかいう口実で花もろくに見ずに騒ぐために公園に踏み行ったのは人間なのに

 

あたかも自分が正義であるかのような、自分が女性を守った騎士であるかのようなどや顔で殺したんですよ

 

 

うぇいはいつだって自分のために他人をぶっ殺す、罪悪感もなしに

 

 

 

おわり。

初ODからの3ヶ月間

 

 

特にあれから人生の巻き返し!的なのはなく、当たり前にあれから学校に行かなくなり立派な不登校になった。

 

 

週に一回、学校にカウンセリングに行くだけでそれ以外は全くもって登校することがなくなった。

 

毎日精神安定剤をODしできるだけのか時間を寝て過ごした。

 

(余談だけど、レキソタンをODした際に目が覚めると口にピアスが空いていた、記憶がない)
f:id:m11231123m1123:20170423223045j:image

 

家でふわふわと毎日なんとなく過ごした、なかなか悪くなかった 

 

しかしいつまでも不登校児でいるわけにもいかず 私は四月で定時制の学校に転校した。

 

すっかり外出しなくなり引きこもりと化した私にも定時制の学校なら時間も短いし自由なので少しは居心地がいいのではないか、と

 

 

 

まぁまったくそんなことはないのだけれど

 

私はしばらく社会から隔離された状態だったからか、考えまでも甘くなっていたのかもしれない。

 

よく考えれば、というか普通に考えて

環境を変えたって″私″は変わらない

 

 

むしろ友達ができない、異常なアウェー感

 

ただ家にいるだけの3ヶ月を過ごした私には酷だ。

 

入学して1週間、すっかり私は学校に行きたくなくなっていた。心が弱い!

 

 

こんなときに頑張れる術を私は知っている

 

ブロンODしよう!!

 

それからの私は学校に行く前に毎日ブロンを25tほど掻き込んでから登校した。

 

たのしー!!!

 

事なきを得たかと思われたが、ブロンをODし続けて2週間の今

 

とくに離脱や依存や耐性はないけれど

便秘と排尿困難に苦しんでいる

 

幸せの前借りをしたツケが回ってきた、主に臓器に

 

頑張れよ私の臓器!!!

 

たぶん私は明日もODをするだろう。

死なせてほしい。

 

 

 

おわり。

 

はじめてのブロンODの話

今朝、私は久しぶりに登校する。

 

 

一週間、冬休みが明けてから学校に行っていなかったけどいい加減学校に行かなくちゃいけない。

 

 

しかし学校には嫌いな人、好きだけど届かない人、幸せそうな人達がいるのだ、耐えられない、鬱である。

 

こんなに落ちぶれている私に対し、きらびやかな高校生活を過ごしている人達、きっとなにも悩みがないんだろうなぁなどと無責任なことを考えて落ち込む。とんだ被害妄想、偏見だけど

 

とりあえず私は不登校道に一歩踏み入れていた、このままではいけない。

 

 

 

そうだ、ブロンを飲んでみよう。

 

 

ブロンとは市販のせき止めの薬である。

 

この薬を過剰摂取すると多幸感が得られるらしい。メンヘラ界隈では有名な話。

 

 

最近なにをしても鬱であった私からすれば、素晴らしい救いの手である。試さない手はない。

 

 

心配性の私はGoogle先生Twitterで情報収集をしっかりとして、結果30t摂取することに決めた。

 

 30t 、多いようで少ないような。

 

一瓶84錠入りなので 3分の1程度

そう考えると多いのかもしれない、規定の量は4錠、7倍である

 

ぶっちゃけブロンのODがすごく楽しみだった。

 

 

七時に起床し、さっそく30t用意。

 


f:id:m11231123m1123:20170123100412j:image

 

意外と少ないな(^_^)

 

このとき私は確かにそう思った。

 

あまり一気には飲めないので2錠ずつくらい飲んでいった

 

しかし私は寝起き5分である。

 

普段飲む薬は小さい薬を1、2錠

 

当たり前に気持ちが悪い。

 

薬うんぬんではなく純粋に水を飲むのがしんどいのだ、胃がたぷたぷになる。

 

7錠にして限界を感じ始める。

 

ここで初めてメンヘラの厳しさ、偉大さを感じることになる。

 

エゴサをするとメンヘラ達はこぞって

 

ブロン一瓶飲んだ楽しい(((o(*゚∀゚*)o)))

 

と言うのだ。

 

正気か?なにも楽しくない、むしろ飲む段階で「無理…しんどい…死にたい…」となっていた私がいる。

 

楽しくなるために飲んでいるはずが死にたいと言っている私がいる。こうなったらもともこうもない。

 

 

しかし私は諦めない。なんとしてでもお前を飲み干す!そんな強い意志でなんとか全て飲み終えた。

 

事なきを得た私は無事登校した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かと思うじゃん?

 

ここで思わぬ鬱に遭遇する。私が好きで好きでたまらない元カレである。

 

私が好きでたまらない人はなに食わぬ顔で当たり前に生きている。生きている、生活しているのだ。

 

 

このときまだブロンは効いていない。

 

まずい!死ぬ!心が!死ぬ!

 

私は慌てて病院で処方されたレキソタンをとりだし三錠飲み込んだ。この薬をODするのも初めてである。

 

もうこのとき半ばどころか8割は勢いだ。

 

その後薬が効いたのは飲んでから丁度一時間経った8時30分頃である。

 

ボーッとする、手が震える、ドキドキする

 

ぽわぽわーんとして楽しい!楽しい!

 

最近なにをしても鬱であった私が、楽しい!

 

試しに大嫌いな奴のSNS や好きな人との思い出などを見て自分から鬱に飛び込んでみた。

 

 

 

 辛くないんだなこれが!!無敵!チート!

 

普段気を使ってなかなか本音を言えない私がべらべらと先生に本音を話していたりした。舌が回るのなんのってね、もう楽しくて

 

何時間でもボーッとしてられる感じ、うまく言い表せないけどドキドキぽわぽわーんって、語彙力…

 

久しぶりに鬱な感情がなくて、これは依存してしまうのがわかるなぁ、と

 

他にはすごく喉が乾く、尿が出ない、便秘、痒みなどの症状

 

その後、めちゃめちゃ睡魔に襲われて気持ちよく眠った。これは多分レキソタン

 

 

 

どうでもいい経緯をつらつらと書き並べましたが

 

メリット

  • ふわふわして楽しい
  • くらくらして楽しい
  • ドキドキして楽しい
  • 饒舌になって楽しい
  • 気持ちよく寝られる楽しい

 

デメリット

  • 喉が乾く
  • 尿が出ない
  • 便秘
  • 体が痒い

 

 

 

飲んでから12時間経った今もまだふわふわ楽しい、最高である。

 

 ここ一ヶ月の鬱がこんなにも簡単に打破される世界に感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

ここまでくると感謝の域も壮大である。

 

ありがとうブロン、ありがとう世界…

 

 

 

 

こうして私は薬に目覚める。かもしれない。

 

 

おわり。